淡路島にて野外メシ

おばんです。

お盆に淡路島に行ってきました。

 

関西人の夏。それは淡路にある…かどうか知りませんが、それくらいの共通認識として、夏の淡路には関西人を惹きつける何かがあります。

 

そんな淡路に御多分に洩れず私も毎年行っています。今年もおさかなを採りに行きました。

ちょっとだけグロ注意

釣果。そらもうザックザクよ。

ベラ!
ベラ!アンドベラ!見事にベラばっかです。まあカサゴもいますが。

 

このとれたばっかりのお魚を早速現地で調理しました。炎の現場料理人です。砂利にまみれながらレッツクッキング。

調理開始

本日のメニューは、唐揚げ煮付けです。

ワイルドワイルドクッキング

から揚げ粉で揚げるのもありですが、塩で食べるほうが好きなので、小麦粉でカラッと揚げます。ベラを水で溶いた小麦粉にダイヴさせて、さらに油へダイヴ!

ほいよ。アチアチのベラのからあげおあがりよ。

カラッと上手にできました(ちょっとコゲました)。しかし実食するとサクサクでうんまい。

 

とれたてということが一つ、自分でとったということが一つ、外で食べるということが一つで美味さマシマシです。

 

ベラって一般的にはゲドー寄りというかあんまり美味しくないとされていますが、めちゃめちゃ美味しいです。サックサクほろっほろです。でもカサゴはベラに増して身がしっかりしていてうまい!より味が染みています。

 

さらにさらに。煮付け!ニツケェ!

お醤油とみりんで割ったものにカサゴを漬けて、アルミホイルの落し蓋でグヅグヅと煮込みます。

うーんこの雑な見た目

うん!うまい!

ホロホロとした身にしっかりと味がしゅんでる。やはり取ったものをその場で頂く喜びはたまりません。タマリマセブン!

しっかり骨まで完食。海の味覚を満喫しました。ご馳走様でした。

 

あ、野外で油を使用する際は、使用後に油の固まるやつ持っていくか、いらないタオルに吸わせて燃えるゴミにしましょう。人間こそが地球を蝕む寄生獣にならないようにしましょうね。

 

では淡路島!また来年!グッドバイ。