【読んだ本】「革命のファンファーレ」を読んだ感想。

おばんです。へどろばくだんなせいかつです。

CDジャーナルの柚木麻子さんと朝井リョウさん対談毎回ホンマおもろいっす。ディ・モールト単行本出して欲しいっす。

 

今回読んだ本はこちら。

革命のファンファーレ

今回読んだのは、革命のファンファーレ。今更感。すいません。

ピックアップしたいキーワード

本の中で登場して、気になったキーワードを下にピックアップしました。このあたりの言葉が響くのであれば、ぜひ読んで損はないってそう思います私。

お金とは「信用を数値化したもの。」

◆つまり信用に対してはお金を払えますし、信用を得るために投資するという事に価値があるということ。

 

クラウドファンディングとは信用をお金化するための装置。

◆人気も信用。

 

時代は明らかに変わったのに、以前の方法論のままテレビに出続けるということは、嘘を重ねなければならない場面に出くわしてしまうということ。嘘を重ねれれば、当然、信用は離れていく。

◆これはとても共感。やり方は時代に合わせて変えていかなければならないのにそれができないと同じ場所にしがみつづけなればいけない。そして今は信用の時代。信用を失う行動は何より優先で避けなければなりません。

 

そのタレントがたどり着くのは人気タレントではなく、認知タレント→そこにはファンはいない。信用がないから。好感度と信用、認知と人気は別物。

◆寿命が短くてもいい。一瞬輝けば…という話であれば別ですが。

 

嘘をつかないでもいい環境を作っておく(嘘をつかない)

◆嘘は信用=お金をなくす行為ということ。

 

信用をお金に両替するツールの登場により、正直者がバカを見る時代は完全に終わった。お金の収支だけでなく、収支は信用もある。

◆いい時代だぁ(恍惚)

 

ネットによりすべてのモノがガラス張りになった今、お客さんの値段感覚は極めて正確。

◆ほんまこれ。そして今後は見極める人は増える一方。昔にしがみついている人は消えていくしか無い。

 

情報に溢れた時代、良い作品を作れば勝手に売れるという幻想は今すぐ捨てるべき。お客さんの手に届くまでの導線づくりも、作品制作の一つ、導線づくりができていない作品は、未完成品という認識を持ったほうがいい。

◆ここが一番いいこと言うなと思ったポイントでした。『導線』がなければ何も届ける事はできません。連れてくる事もできません。逆にいうと便所の落書きであってもそこに導線をつくる事ができれば伝えられる。そしてそんな導線を個人でも作れるようになった時代です。いい時代だぁ(恍惚)

 

もはや“自宅で立ち読み”してもらい、一回だけとは言わず、何度も何度も吟味してもらい、まずは買うか買わないかのステージまでもっていかないと買ってもらえない。

◆出し惜しみしてはだめなんですね。ギブギブギブアンドテイクの時代だと他の誰かの本でも読んだ気がします。

 

数年前の常識に根をはってしまうと、時代の変化とともに沈んでしまう。感情に支配されず、常識に支配されず、お金に支配されず、時代の変化を冷静に見極め、受け止め、常に半歩だけ先回りすることが大切。

◆当たり前のことかもしれません。

 

死ぬ気で努力をしているクリエイターが生き残り、努力をサボって、既存のルールに守ってもらって生きようとするクリエイターが死ぬ。

◆辛辣ですけど。いい時代だぁ(恍惚)

 

作品にはお金を使わないが、思い出にはお金を出す。公式ページの面白いから来てねよりも、友人のツイッターのめっちゃ面白かったのほうが心が動く。そこに信用度のち外がある。現代の広告力は信用力

◆信用力が導線を強く太くする。

 

組織が個人を支配することはもはや不可能。

◆聞いてるか〜弊社ァ〜。

 


他の本で言っていることと被っている部分も多いですが、それらの事を集約し、さらに伝わりやすいように書いてありますので、さくっと読めるようで読み応えがあります。そうだよなァと思わせてくれる感じはひろゆきさんの本に似ているかもしれません。合理的なところもそう。フレーズや言い回しに特徴があるため、頭のはじっこに読んだ記憶が残ってくれるのもいいです。よろしければ読んでみてください。ほなまた。