炭と薪の炎の違いの話。同じ火元でも全く違う!?

おばんです。あすキャンです。

今日は炎の話です。

炭で料理するのと薪で料理するのでは、実は全く違います。

実際にキャンプやバーベキューで焚き火をしていると気づくことがあります。

薪と炭と枯れ枝では炎の大きさも温度もぜんぜん違うじゃねえかと。

キャンプサイトでも、炭や枯れ枝で焚き火をしているところは、じんわりホノオが燃えているのに対して、薪を用意しているところの炎は パチパチ、パキパキ音がしながら燃えているじゃねえかと!

そして、小さな火花が飛んでいて綺麗じゃあねえかと!

そもそも薪と炭の違いとは何なのか。

まず、

薪はなんと言っても、料理よりも暖。炎が大きく上がるので暖を取るのにピッタシです。

その一方ですぐに燃え尽きるので、くべ続けることが必要。まあそれ故に着火もしやすいんですけどね。火力が安定しない事と燃焼時間が短いのであまり料理には向いていません。

 

次に、

炭はなんといっても暖よりも料理。火力が安定しやすく、炭の量で火力調整が可能です。そして煙が出づらい。

火が消えづらく、燃焼時間も長く、火柱が上がらず安定した火力を得ることができます。

つまり、料理にぴったりの環境で料理ができるわけです。

 

まあそれならガスコンロやシングルバーナーを使えばよいのでは…という話になりますが、それは違います!

炭火はガスの4倍もの遠赤外線を放ち、ダイレクトに食材を加熱するため、短時間で高温にできるという点が重要なのです。これが旨味の秘密なのですね。

 

ちなみにキャンプやバーベキューなどで使用する炭は、木材を密閉した状態で加熱し、炭化させて得られた炭です。

炭や薪を使っているときは熾火(おきび)を目指す。

炭が赤くなっている状態、そして薪が真っ赤になっている状態を「熾火(おきび)」と言います。

がんがんボーボー燃えている状態が終わり、炎がある程度落ち着いた状態が熾火です。

キャンプやBBQで使われる黒炭ですが、初期燃焼時(炎を上げてボーボーしている時)は900℃~1,200℃にもなります。

それが炎が落ち着いて安定燃焼に入るとおよそ700〜900℃になり、これが継続されます。

この状態が一番料理には向いています。

まとめ:炭火料理をするなら炭。温まるなら、見た目を楽しむなら薪。

以上、炭と薪の違いについてでした。

とは言え、とりあえずは深くは考えずに、炭火で楽しむ料理をするなら炭。暖を取りたいなら、炎の上がる見た目を楽しむなら薪という認識で大丈夫です。

薪も炭も種類はたくさんありますので、単純には分けることができないのですが、基本的にはその認識で問題なし。

同じ薪でも種類が違えば燃え方も変わります。そのへんに落ちている枯れ枝よりも、よく燃えるのはやはり販売されている薪なので、暖を取るならおとなしく販売されている薪をかいましょう。

ではまた。