ソフトクーラーボックスを比較したら、やっぱ最強はロゴスハイパー氷点下クーラーLでした。の話。

先日よりキャンプ用にソフトクーラーボックスを比較検討しておりました。

その結果ついに…買いました!

ロゴスのハイパー氷点下クーラーを!

社畜キノコ
社畜キノコ

まあまあ検討したのに結局ハイパー氷点下クーラーLです。ですが、結局最強はハイパー氷点下クーラー。間違いなし。

ロゴスハイパー氷点下クーラーLを購入しました。

ソフトクーラーボックスで比較した結果、結局ハイパー氷点下クーラーが最強。

ソフトクーラーボックスを比較した結果、ソフトクーラーボックスの最強はやはりロゴスのハイパー氷点下クーラーでした。

実際いろんなソフトクーラーボックスがありますが、保冷力を考えると結局最強なんですよね。

軽くて使い勝手がいいのに保冷力も抜群!

魅力はなんといっても軽さ&取り回し

そして保冷力。

ソフトクーラーボックスの使い勝手の良さと、ハードクーラーボックスの保冷力のいいトコどりなのです。

これだけ保冷力がすごいのに、肩から軽く下げられるのはかなり使い勝手がよいです。

ソフトクーラーボックスなのに保冷力はマジで最強。

ソフトクーラーボックスといえば、保冷力はある程度犠牲にせざるを得ないアイテムです。

しかしこのハイパー氷点下クーラーの保冷力は相当

メーカーの主張ではアイスが11時間もつとまで断言しています。

社畜キノコ
社畜キノコ

マユツバなので実際に実験してみました。

ということで、アイスとビールを使って保冷力を実験してみました。

アイスでの保冷力を実験してみました。

メーカーが誇るアイスの保冷力を実験してみました。

実際ビビる程の保冷力でした。

ビールの保冷力を実験してみました。

アイスが11時間というのはちょっと微妙ですが、ビールは本当に2日間程度なら余裕で持ちます

実際にキャンプに持ち込んで実験してみました。

実際今まで30回以上は使っていますが、不満点はゼロ。

やはりキャンプに置いて、キンキンのビールというのは最も重要なテーマなのであります。

保冷力実験を動画にしました。

アイスとビールが実際どれだけ持つのかの実験を動画にしてみました。

どこが魅力なのかも合わせて紹介しています。

ヒマラヤで展示品割引のものを買いました。

今回はネットでなく実店舗で購入しました。

実は先日、テントのポールがぽきんと折れる悲劇が起きました。

くやんでいても仕方ないので、ヒマラヤに修理に向かいました。

社畜キノコ
社畜キノコ

販売元にネットに修理の問い合わせをしたところ近くの店舗に持っていって修理受付してくださいとの事でした。

修理の受付をしてもらっている間、良さげなものはないかと店内をウロつきました。

そこでなんと展示品のハイパー氷点下クーラーLサイズを発見。

まさかの展示品割引。

これはもしやと店員さんに確認した所、なんと展示品割引のハイパー氷点下クーラーでした。

社畜キノコ
社畜キノコ

ふとせず20%オフで入手!やったね!

ロゴス、ハイパー氷点下クーラーを購入

というわけで購入したハイパー氷点下クーラーがこちらです。

アイスクリームが11時間持つってほんとぉ?

シルバーがイカしています。

Lサイズであればショルダーで持つことも問題ナシ!前でも後ろでもオッケー!

展示品でもぴかぴか!

外見はこのような感じになっています。

ある程度硬さがあるので、ソフトとハードの間のセミハードって感じです。

内部はこんな感じ

内部はこのような感じになっています。複数構造です。

さらにたたむ事ができます!

たたむとこんな感じ

コンパクト性も抜群です。

まとめ:ソフトクーラーボックスで最強を選ぶならハイパー氷点下クーラー一択。

現状のところ、最強の保冷力で最高の取り回しを考えると、ほぼ一択かと思います。

実際、買って後悔はしないアイテムです。

ここまで強く進められるクーラーボックスは中々ありません。

ぜひご検討ください。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました