ロゴス ハイパー氷点下クーラーLの大きさ、サイズ感最強説。ソロキャンプにもグループキャンプにも使いやすい!

ロゴスのハイパー氷点下クーラー(Lサイズ)を毎回のキャンプで持っていくほど愛用しています。

 

いちおう他のクーラーボックスも持っているんですが、ごつごつしたハードクーラーはおもたくて、持ち運びがたいへん。

一方で、ハイパー氷点下クーラーは持ち運びに苦労しません。

マンションからの荷下ろしとかを考えるとショルダーで持てる、かつ軽いのは非常にありがたいです

社畜キノコ
社畜キノコ

肩がけできるというのが本当に便利!

保冷力があるソフトクーラーボックスを探している。

ソロキャンプ、4人程度のグループキャンプに使えるクーラーボックスを探している

という方には強くオススメできます。

取り回しと保冷力で最強だと思います。

ロゴス ハイパー氷点下クーラーについて

推したいポイントその1:ちょうどよいサイズ感(外)

サイズ感(外)

ロゴスハイパー氷点下クーラーはソフトクーラーボックスなので、このように肩から下げられるのが便利です。

それ故に片手がふさがれないというのが非常にメリットです。

社畜キノコ
社畜キノコ

肩で持つので両手が使えるというのが本当にオススメポイント!

自宅マンションから何往復で下まで降りられるかというのが結構大事だったりします。

推したいポイントその2:ちょうどよいサイズ感(内)

サイズ感(内)

Lサイズの内側のサイズ感です。

ちなみに専用の保冷剤である氷点下パックも一緒にいれています。

ビールのロング缶6本パックと肉のパック3、4個は入ります。

ロング缶6缶セットを2つとなるとちょっと厳しいです。

社畜キノコ
社畜キノコ

乾杯用のビールはしっかり冷やしてくれます!

推したいポイントその3:ソフトクーラーボックスなのに最強の保冷力

真夏にも使用していますが、保冷力は間違いなし!

結論として、一晩は余裕。

丁重に扱えば、2晩も十分対応可能です。

実際にキャンプに持っていき、どれくらい持つのか実験しましたので、こちらも参考ください。

春にも夏にも実験していますが、どちらも保冷力は問題ナシ。

社畜キノコ
社畜キノコ

使用の際は板氷を使うのをオススメします。

アイスも保冷できる保冷力。

さらにメーカーによると、ハイパー氷点下クーラーの保冷力ならアイスも持つと豪語しています。

実際にどれくらい保冷できるのかも実験してみました。

結論から言うとパピコが最強。

パピコなら11時間後でも十分美味しく食べることが可能です。

社畜キノコ
社畜キノコ

キャンプ場でアイスが食べられるのめっちゃいいです。

★実験動画です

最強ソフトクーラー!ロゴスハイパー氷点下クーラーの保冷力を実験&レビュー

推したいポイントその4:携帯性

Lサイズ。もう一つ大きくなるとちょっとショルダーはしんどい。

その携帯性故に肩から下げてガンガン移動できます。

社畜キノコ
社畜キノコ

移動しまくる釣りにも使いやすいですね。

このショルダーがあるかないかは持ち運びにおいてかなり大事です。

サイズはM、L、XLとありますが、個人的にはLが一番バランスはいいと思います。

悪い点:ほぼなし。

確かにハードクーラーに比べて、価格とのコストバランスは悪いです。

同じ金額帯のハードクーラーの方が保冷力はおそらく高いでしょう。

社畜キノコ
社畜キノコ

そのあたりはトレードオフですね。

まとめ:ソフトクーラーボックスで迷ったら、迷わずにロゴス氷点下クーラーを推します。

個人的結論としては買って損なしです。

ちょっと高いですが、いろいろ試して結局いろいろ買っちゃうくらいなら、初めからそこそこいいのを買うのをお勧めします。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました