淀川河川敷でのバーベキュー準備。禁止スポットと許可スポット。大阪市内編。

おばんです。社畜キャンパーあすキャンです。

  

夏です。アツイ!ツイツイ! 

 

野外でビールを飲むのが一番ウマい季節がやってきましたね。

勢いでこれ買いました。

野外でバーベキューしながらこれでビールをかっくらいたい!

なのでキャンプ行かずとも大阪市内でビールをかっ食らうことのできるバーベキュースポットをまとめてみました。

大阪のバーベキュースポットのメッカ。淀川河川敷。

大阪市内には6箇所

都会の川沿いといえばバーベキュースポットが集まる場所です。

東京もしかり、大阪もしかり。

大阪のマザーリバーである淀川バーベキュースポットがあちらこちらに点在しています。

 

ちなみに場所によっては許可もでており、テントを張ってキャンプをすることも可能です。

そんな場所によってはテントもはれる淀川河川敷ですが、BBQができる場所は決まっています。

★火を焚いていい場所は決められてますのでご注意を。禁止スポットは火気厳禁!

 

最も人気、最も定番:西中島地区(12月~4月上旬)

西中島地区はとにかくにぎやか

アクセス良し!ただとにかく人が多くてにぎやかです。時期によっては入場規制も。

さらに時期によっては有料です。

※2019年の有料化期間 4月12日(金)~11月30日(土)

しかし有料時期はゴミ捨場の利用も可能というメリットがあります。

さらに有料時期には道具レンタルサービスもやっています。

とにかく普段はそんなにバーベキューしないって方には抜群に相性の良い会場だと思います。

でも個人的にはにぎやか過ぎて苦手だよ!

 

アクセス/

梅田から電車と徒歩合わせて15分で到着出来るアクセスの良さ。

最寄り駅は「西中島南方駅」、阪急京都線「南方駅」の2つ。

そこから川に向かって歩けばすぐ会場という淀川バーベキュー界で最もアクセスの良い会場です。

西中島地区情報

有料期間中の情報

今は利用停止中:海老江地区

非常に使い勝手もよく、さらに釣りもできるスポットだったのですが…

残念ながら今は利用できません。

海老江地区は平成30年9月3日(月)から淀川左岸線道路2期事業の整備に伴い一時閉園中。

終了予定は平成37年3月31日(日)とのこと。

淀川左岸線工事に伴なう海老江地区、一時閉園のお知らせ

穴場スポット:長柄地区

天六からひたすら北へ。

比較的ひっそりとしたバーベキュースポット。あまり広くはありません。

どちらかというと穴場だと思います。

規模も大きくはありません。その理由はアクセスの悪さ。

秋とか全然人がいません。

個人的には天六在住時はよくファイアスタンド2で焼き芋やっていました。一人で。

 

 

アクセス/

天神橋筋六丁目からひたすら北へ向かいます。歩いて20分ほど。

最寄り駅は「天神橋筋六丁目駅」

 

春は花見もおすすめ:毛羽地区

長柄地区からもうひとこえしたバーベキュースポット。

季節によっては桜もすっごい綺麗です。

さくら満開なのでバーベキューでなく、単純に花見をされる方も多いですね。

※花見スポットは火気厳禁です。

仮面ライダーのロケしそうなスポットでもある。

毛羽水門関連の建築も多くて、カメラを持って散歩するだけでも楽しいです。

実際レイヤーの人も撮影されているのを見たこともあります。凝視しました。

 

 

\アクセス/

城北公園通駅から歩いて20分ほど。

途中にライフがあります。

赤川地区、豊橋地区、太子橋地区

大阪市内ではありますが、若干アクセスがしづらいというのが本音。

それ故に穴場スポットではあります。

でもどちらかというと近隣の方が利用されているイメージです。

 

淀川河川敷でバーベキューする際の注意事項

淀川バーベキューにはいろんなルールがあります。

よいこのみんなは、守ろうね!

直火禁止。

直火でのバーベキューをしない。(足つきコンロを使用する。)

ゴミは持ち帰り。

炭に着火している火は水で消して、使用済みの炭は持ち帰る。

ゴミは持ち帰り。さらに公園を清潔に保つため、お帰りの際には使用場所周辺のゴミ拾いを行う。

水道は炊事や食器洗いに使わない。

公園内の水道を炊事、コンロ及び食器洗いを行うために使用しない。

淀川河川公園利用案内より抜粋

※なお西中島地区のみ有料化に伴い、ゴミの回収も時期によってはしてくれるようです。

  

以上、個人的な備忘録でした。

今後変わったら(変わることがないように皆さんマナーを守って、この環境を守っていきましょう)また更新します。

ほなまた。