GWに絶景キャンプ。マキノ高原キャンプ場に行った話。

おばんです。あすキャンです。

マキノ高原キャンプ場に行ってまいりました。

ゴールデンウィーク最終日に!

関西の誇るドーンと開けた高原絶景キャンプ場です。

マキノ高原キャンプ場の魅力。

魅力を先に伝えます!3つ!

・温泉に徒歩で行ける!

しかもそんじょそこらの温泉じゃないわ!設備もバッチリの温浴施設。ファミリーにも安心。

・絶景!

もう西のふもとっぱらといっていいのではというようなドーンと開けた高原です。きれい。

キャパがでかい!

最大400組を越えるテント村が入ります。キャパがすんごい。なので予約が取りやすい。

※なおゴールデンウィークやお盆は満杯になります。たまにイベントの貸し切りもあるので、その意味じゃちょっと難あり。

個人的には関西最高レベルで「いい感じ」を提供してくれるキャンプ場だと思います。

設備もそれなりに揃っているのでファミリーにもおすすめです。

マキノ高原キャンプ場へ向かう。高速を降りてからの寄り道がGOOD。

だいたい2時間で着きます。

いつもどおりレンタカーを借ります。今回は無骨でイカすキューブでした。

大阪市内から約2時間

買い出しやらなんやかんやしていても3時間ほどで着きます。

今回は大津まで行かずに京都東から下道で滋賀に入りました。

大半がバイパスでの移動なるので、そこまで信号に引っかからない。

そしてこの滋賀に入ってからの寄り道が楽しい。

その理由は3つございます。

 

・滋賀の街並みが楽しめる。

琵琶湖を望む。

琵琶湖がチラ見えするたびにテンション上がります。

高速と違って眠くなりません。

 

・寄り道スポットが楽しい。

滋賀の厳島神社こと白ひげ神社も寄れます。ステキです。

助手席からかすめ取った写真なのでブレブレ

あっそうそう雄琴温泉の真横も通りますよ。

なぜか野次馬渋滞ができていました。

 

・そして何よりラ・ムーがある

激安の殿堂。

ラムーとは。

岡山発のスーパー:超ハイパーディスカウントショップのことである。

とにかく安くてデカイです。

※ちなみにマキノ高原のすぐ近くにもスーパーはあるのでご安心を。

 

さらにキャンプ場の直前にはマキノのメタセコイアの並木もあります。

これが最高に綺麗。

緑がとても美しい…。

このようにまったく寄り道には困らないキャンプ場です。

15時に頃にチェックイン。平地はもはや売り切れでほぼナシ。

今回は寄り道寄り道で15時くらいにサイトイン

高原がドーン!

ちょっと遅かったか…。もうすでに皆さん設営されてました。

こちらは区画サイトでなくフリーサイト空いてる場所に来た方からインするスタイルです。

つまり、いい場所からなくなっていきます。

基本的には12時チェックアウトですので、そのちょい後くらいが入れ替わりで狙い目のようです。

林間サイトは川遊びもできる。

早速マキノ高原でビールと肉。うまくないわけがない。

早速ニンジャタープを設営。

※ちなみに山に向かえばマキノのマキを拾うことができます。

マキノのマキをポールに。

長モノのマキノのマキをポールがわりにあしらってみました。

しぶいねえ。まったくおたくしぶいぜ。

※のちにマキになりました。

設営もそこそこに食事に移ります。ラムーで買った爆安の肉を焼きます。

シズル感。

そして、

かくも美しき麦とホップ。

ビール!ビール!

キンキンに冷えています。ハイパー氷点下クーラーサマサマです。

板氷使えばそらもうキンキンです。

ロゴス氷点下ハイパークーラーの実験①はこちら

ロゴスハイパー氷点下クーラーの実験②はこちら

歩いて5分の温泉がすごい。ほぼスーパー銭湯レベル。

よきところで酔っ払い。

ここの最大の魅力である。温泉にいきました。

がっつりスーパー銭湯レベルの設備がととのった温泉があります。

しかも徒歩すぐです。これがもう最高。

最高の気分のまま就寝しました。

マキノのマキで作ったランタンスタンド。

朝日が綺麗なマキノ高原。 赤い朝日がライジング。

陽はまたのぼりくりかえす。

朝です。

風呂入って寝たので気分は最高。

だだっ広い高原で迎える朝は最高にチルでイルです。

というわけでモーニング。です。

モーニング焼肉丼食おうよ。

どん!

モーニング焼肉バーガー食おうよ。

どどん!

わぁい朝からステーキ、わたし朝からステーキだいすき。

昨晩余ったステーキを朝から贅沢に丼とバーガーにして食しました。

ちょっとだけ重いんじゃ。

マキノ高原補足。洗い場がちょっと少ない。

ちなみに難点ですが洗い場がちょっと少ないです。

右にちょこっとあるのがそれ。点在しています。

ゆずりあいの精神で頑張りましょう。

 

 

素晴らしい環境だったマキノ高原キャンプ場。

長期休暇でもない限りは予約があぶれることもことないですし、是非一度ご検討あれ。

やっぱり高原のキャンプ好きです。

ドーンとした景色で心がスキッとします。

ほなまた。