【キャンプ道具】再実験!ロゴスハイパー氷点下クーラーの耐久力。

おばんです。あすキャンです。

先日の氷点下クーラーの耐久力実験の第二弾です。↓先日の実験↓

改めて実験した結果。ハイパー氷点下クーラー最強だと、こいつぁすげえやと体感しました。

先日の実験は失敗でしたね。あっはっは。

今回は氷点下パック×2に加えて板氷

結論から言いますと、これで2晩と翌朝まではいけます。

というわけで実験−春編− 第2弾です。 

出発時 10:30

つぶらな瞳の熱中症患者

まずはこちら。あいかわらずのインフルエンザ表記ではなくまさかの熱中症です。

室内温度は22℃

さあここからレッツショータイム。どうなるでしょうか。

途中経過 スーパーにて燃料補給 13:00

燃料まんたーんドリンク!

ラムーにてヒエヒエの板氷とロング缶、そしてバラの氷を購入。

氷点下パック2個を底にし、サイドに板氷。肉3パック、ロング缶6本は余裕で入ります。

もうあと6本となるとちょっと厳しい。

実質はここからのスタートです。

余裕の保冷力だ、馬力が違いますよ。

途中経過 キャンプ場にて設営完了 16:30

キャンプ場に到着。ここまでは開け閉めはほぼしておりません。

なおアチアチの車に放置はしました。しかし、

またインフルエンザになりおった。

保冷はバッチシ。

ここで一旦ぐびりぐびりと麦とホップをいただきます。キンキンに冷えてます。

黄金体験。グレートですよこいつは。

夜 夕食タイム 18:00 

なぜか保冷されていた大葉。

料理のため開け閉めを頻繁に行いましたがまだまだ余裕。

特にプレートアイスはほぼ溶けていません。

ちなみに外気温は約16度。決して低くはありません。OK?OK!

就寝前 23:00頃?

暗闇でも忘れずパシャリと。

外気温の影響か中身の保冷力も上がっていますね。真夏だとどうだろうか。

翌朝 5:00

もんだいなし。

鬼の早朝。

まだライジングサン前です。

やっぱり板氷はまだまだ元気。さらに残したお酒、肉、共に健康状態良好です。

 

翌日 撤収前 8:00

夜明けの日差しは何よりも有難いですが、クーラーボックスには敵です。

板氷強すぎィ!

日差しが出てきたので車の影に避難させました。

ちなみに今回はずっと地べたに置いています。本来なら棚の上とかに置くべきなんですけどね。

ここでもまだまだ余裕。プレートアイスがめちゃくちゃ頑張ってくれています。

さすがにシカクの形は保てなくなってきたようですが、しぶとさはヒュンケルばりです。

翌昼 帰宅 12:00

板氷すごい。

自宅に戻ってきました。

なんせあすも仕事なもんで。

時間は12時。しかしすごい!まだまだ現役。余裕でヒエヒエビールです。

ここからは自宅(部屋温度約19度)にてどこまでやってくれるかテストしてみます。

 

翌夜 21:00

なんや板氷、調子悪いんか?

流石にプレートアイスが貧弱貧弱になってきました。

ですがなんとか温度は保ってくれています。

さらに夜 23:00

あすは仕事なので、早く寝たいですが、こいつがどこまで持つか見届けたいところ。

まだヒエヒエは保ってくれています。

翌々朝 7:00

気温なんとかキープ。ですが、ここらが限界でしょう。

プレートアイスはもうひょろっひょろです。まだキープしてるのはすごいですが。

 

翌々晩 20:00

残業後に帰宅。帰宅すぐにパシャリ。

プレートは完全にいなくなっていました!悲しい!

サンキュープレートアイス、フォエバープレートアイス!

と、プレートアイスはなくなりました、なんとまだ若干はヒエヒエを保ってくれています。ビールはキンキンではないですが冷えてはいます。

すごいぜ、ロゴスハイパー氷点下クーラー!

まとめ

ワザップみたいにまとめると。

結果

ハイパー氷点下クーラーには板氷と氷点下パック2個がベストマッチ!

改めて感想ですが、やはりソフトクーラーはカバンみたいに持てるってのがいいですね。

腕の力でなく、肩で持てるから体感の軽さが全然違います。

ハードクーラーボックスは腕ちぎれそうになりますから。勘弁勘弁よ。

キャンプに行くたびに実験しますので、乞うご期待。

ほなまた。