【キャンプ道具】ちりとり鍋のお話

おばんです。へどろばくだんな生活です。

 

べーなーの季節ですね。わたしは冬は毎日鍋でもいいってくらい鍋すきです。鍋とビール、素晴らしき哉、人生!

 

まあそれは良いとして、こんな鍋を買いました。

 

チリトリ鍋という代物です。鍋なのに正方形。モダンでシャープなデザインです。

 

私はずーっと長い間キャンプ用の鍋で最強なんってなんだろなの旅を続けているのですが、今回白羽の矢が立ったのがこの鍋。背が低いので、キャンプに向いていると思うんですよね。でも意外にもキャンプ専用のちりとり鍋がない。探してみたんですが、

 

このスノーピークのやつしかない!高い!…いやいやいやちょっと高すぎない?これはちょっと手が出ないと思い、普通のホムセンでも売っているようなやつをかいました。

 

◆タバコは吸わないのでミンティアで比較

 

なんともコンパクトでキャンプにいいじゃん(いいじゃん)平たくていいじゃん(いいじゃん)と可能性とポテンシャルをひしひしと感じます。しかしステンレスだからちょっと重い?底が浅いから鍋なのに汁物が作れない?人間、いいところに目を向けなきゃだめだっ。

 

ちなみに鉄板の形状がちりとりに似ているので「ちりとり鍋」と言うそうです。…似てるか?なおこの鍋自体も『ちりとり鍋』というそうですが、この鍋をつかったピリ辛の鍋のことも『ちりとり鍋』と言います。ご参考まで超★簡単レシピを書いておきます。

簡単★レッド・ホット・チリとり鍋のレシピ

★材料

ホルモン、細切れの牛肉もしくは豚肉、ニラ1束、にんにく(チューブでOK)、キャベツ、豆板醤適量、コチジャン適量、焼肉のタレ(味噌ダレ系がおすすめ!)

 

★調理

1.まずはホルモンを鍋に並べます。ここは火を消しておいてください。あとで混ぜづらくなりますので。

 

2.そしてその上のキャベツをドン!さらに牛肉(豚肉)の細切れをドン!

 

3.さらにニラをドドン!この上に豆板醤やにんにくチューブをねりねりしてタレをぶっかけます。

 

4.ここで火をかけます。軽くまぜてふたをしましょう。キャベツから水分がでていい感じになります。つまみが欲しくなったので余ったホルモンを脇で焼きました。うまいです。

 

5.アルミホイルで蓋をしてグツグツ言い出すまで待ちます。ししとうも焼きました。うまいです。文鎮にもなります。

 

6.そして蓋パカッ。キャベツすげえ!たっぷり水分がでています。無水鍋ってやつですね。

 

 

完成です!超うまい!超超超超うまい!ピリ辛なので、ビールにもベストマッチ!ぐびぐびドボウと入ります。うどんや雑炊などのシメを楽しむこともでき、最後まで満足のいくお鍋です。しかし全体的になんとも写真に品がない。写真を勉強したい今日このごろです。

 

ちりとり鍋自体は底が浅めなので、グッツグツ煮込むタイプの鍋とは相性はいまいちかもしれませんが、キャベツとか玉ねぎとかを使う無水鍋なら相性よさげですね。ただやはりちょっと重いのがネック。持つと若干のずっしり感があります。

 

肌寒い日はじんわり汗をかく鍋でピリリと行くのはいかがでしょうか。ほなまた。