川湯野営場 木魂の里へ行った話。歩いて無料温泉は最高。

おばんです。予約不要キャンプ場だいすき。あすキャンです。

夏休みのどまんなか。7月2021日にキャンプに行ってきました。

今回お世話になったのは川湯野営場 木魂の里。

あすはキャンプなのに、キャンプ予約してないという方にもやさしい、予約不要のキャンプ場です。

ざっくり特徴

・予約不可、予約不要のキャンプ場。

・歩いて川湯温泉までいけるキャンプ場。

・大阪からちょっと遠い。

そんなキャンプ場です。

ざっくり紹介 川湯野営場 木魂の里

大人1人800円

木魂の里は和歌山と奈良の奥地です。

かなりはるばる行かないとなりません。大阪からは直行で3時間ジャスト。

という事情もあり、今回は予約不要かつ、夏休みまんまんなかというのもあり混雑が予想されたため、なんと夜行出発で向かいました。金曜日夜の20時まで残業し、その脚でキャンプへ向かう強行軍です。

和歌山と奈良の県境辺りのパーキングスポットで一泊かましました。

近くにスーパーがない…。 

キャンプ場には現地に13時半に到着しました。車中泊までしたのにだいぶと出遅れたのは寄り道をしすぎたからである。夜間強行軍の意味はなんだったのか。

夏休みどまんなかだったにもかかわらず、先客は3組のみ。混む時は相当な混み方らしいのである意味ラッキーでした。おそらく雨予報だったのが影響しております。

あと到着が遅れた理由として、今回のキャンプでは買い出し用のスーパーをめちゃめちゃ探しました。

川湯野営場の近くにはスーパーがありませんのでご注意を。なくはないですが品揃えはなかなかに厳しいタイプの地場密着型のスーパーという感じです。

近くにはスーパーがありません。コンビニもとても少ないです。しかしホームセンターは5分ほどの場所にあります。

先んじて早めにスーパーに行っておくことをおすすめします。目当ての食材が買えないという事態が予想されます。

というわけで曇天の空の中チェックイン。

設営:ニンジャネストとツーリングドームST

ニンジャネストとモンベルツーリングドーム。

サイトの状況はこんな感じ。

毛足の長い雑草地帯がほとんどと、川を望む土地帯が少し。あと川沿いの礫地帯もあるんですが、2018年の西日本豪雨の爪痕からまだ復旧しておられませんでした。

雑草地帯は脚が知らず知らずに荒れていくので長ズボンがおすすめです。とはいいつつ、すぐ近くに川があるので、川遊びするなら短パンがいいですね。水着ももっていきましょう。

目の前に川!

電波は悪いがジビエ肉がアツイ!歩いて行ける温泉もアツイ!

ちなみにこちらの川湯野営場 木魂の里は電波がかなり際どいです。ドコモとAU共にギリギリでした。

一方、アツイ!点として、ジビエ肉が売っています。キンキンに冷凍された鹿肉やしし肉の販売をされています。肉がたりないなーという時に是非購入をおすすめします。めっちゃ美味しいです。

ほんとにうまいジビエ肉。たぎります。

めちゃめちゃ美味しいジビエ肉。

しかしトイレはかなり綺麗じゃないです。でもなぜか大便器は綺麗です。虫フィーバーなので苦手な方はきついかも。

あとありがたい点としてゴミ捨て場あります。

ゴミ捨て場。ありがたい。

そしてなんといっても良いところは、歩いて温泉に行けるところ!

川湯温泉という有名な温泉が近くにあります。なんと川の近くを掘れば温泉が湧いてくるという魔法のような温泉。本当川だと思ったら温かい!となる瞬間はとてもテンションが上がります。

近くのガラ石を積み上げてマイ温泉をつくっちゃいましょう。

わたしは誰かが作った温泉にお邪魔させていただきました。

今日のご飯は『タモリカレー』

今回のキャンプめしは夏野菜を使ったタモリカレーでした。

かくも美しき夏野菜。

こちらで大活躍したのが、折りたたみ式のシートゥーサミットの鍋。

とにかく軽くてコンパクト。しかも臭みもまったくない。高いだけあって、大正解の鍋です。本当にもうめっちゃめちゃおすすめです。ライトパッキング派の方はぜひ検討ください。

使用レビュー記事はこちら。

タモリカレー

川湯野営場の朝。雨ザアザア。

最高の時間。最高。

夜間は雨降らずでしたが、朝起きるとほぼ同時にどっとあめ。即座に撤収し、東屋に避難しました。

でも雨キャンプのふんいきは好き。

といいつつもやはり雨はちょっとつらい。じっとりします。

しかし今回は新しく導入したブランケット+コットで睡眠の快適さアップ!

寝ぐるしさは先日購入したコクーンのブランケットでカバー。快適でした。インセクトガードは正直効果不明です。

参考記事はこちら

東屋あるのがとても有り難い。道具は一旦避難し、椅子だけにしてモーニングタイムとしました。

モーニングおにぎりを作って食べましたよー。

きのこのにぎりめし。

この時間のために生きているんだ!というくらい、しあわせな、時間です。

まとめ:川湯野営場 木魂の里

大阪からだとちょっと気合いを入れて行かないと行けない距離。

ですが!人里離れた隠れキャンプ場としてとても良いです。何より歩いて川湯温泉が体験できるってのがいいですね。

川が温泉になってるなんてそれだけでテンション爆上がりです。

その意味じゃ初夏などにおすすめです。でもでも冬は仙人風呂もあります、結果どの季節も楽しめますね。

※ちなみに近くの温泉旅館には混浴のお風呂があるそうです!そそる。

今回は夏休み1発目である7月20日21日に行きましたが、、結果としてガラガラでした。ファミリー3組のみ。

雨予報かつ、前日大雨だったというのが大きいと思います。ゴールデンウィークやお盆だとかなり混雑するようですので、オープン時間である12時を目指すのが間違いないとは思います。場合によってはそれよりも前に開けてくれるそうですよ。

ほなまた。