【キャンプ道具】最強ランタンルーメナーの話。

おばんです。あすキャンです。

 

先日のランタン比較の上、ルーメナー(しかもルーメナー2)を購入しました。

ランタン比較の話 → https://okazu3939.site/lantan-hikaku

まず感想ですが、高かったとにかく高かった。

外箱。ルーメナー2は防塵性、防水性もあります。

なんせ1万越えです。財布は軽くなりますが、心はズシリと重たくなります。

心ズシリ涙ポロリです。

付属品として、ケース、フックがついています。

しかしながら払う価値はあった。まああったと思うしかないっちゃないんやけど。

マジで光量にビビらされます。サイトがナイターみたいになります。

そのルーメン数は1500!!!驚愕の数値であります。

3年前くらいはLED式で1000ルーメンとな!!!マジでハンパねェ!というレベルだったのにルェベェルが違います。

  

ジェントス、コールマン界隈が1000前後で暴れまわっていた中でキラ星のごとく現れたルーメナー。

むかしは『ランタン 最強』で、検索したときにはコールマンのアレしかでてこなかったのにいまやこっちが最強のランタンの代名詞なようです。

中身はこんな感じ。メタリックな彼。

しかも充電式。ここ数年で電池の進化進みすぎでしょ。

ヤマハに就職した知り合い曰くリチウム電池の進化とバブルがヤバいって行ってたのも納得です。

実際に点灯させた図

まずは1000ルーメンのGENTOS EX-000Rだけを点けた図。

まあまあ明るいっちゃ明るい。十分っちゃ十分。

↑こいつのみでの様子です。いやいやこの子も1000ルーメンとかなりの数値を誇ってるんですけど。

ルーメナーを足すとこう。

PKフラッシュ!

ファー。なんやこの明るさ。ナイターさながら。

工事現場とかの投光器ばりの光です。直視すると普通に眩しい。

なので場合によっては明るすぎというのがデメリットになります。

※もちろん光量の調整は可能です。

キャンプは明るすぎると雰囲気ぶちこわしなトコもあります。

ある程度暗い方が好きって方も多いですからね。TPOに合わせて使用するが吉です。

よいところ。

とにかく明るい。そしてコンパクト。それにつきます。

スマホとほぼ同サイズ。厚みはスマホ2個分くらい。

メインランタンにもかかわらず、カバンにぽいっと入れておけるサイズなのは嬉しいですね。

さらにケースもついています。セミハードハイプで耐衝撃にはかなりの安心感があります。ケース込で代替ガムテープくらいの厚みです。

がっしりしています。ケース。

あと、色温度も変えられる点もめちゃアツい。

蛍光灯系の色だけでなく、温白色にもすることができます。私はもっぱらこの温白色で活用しております。

あったかみの有る色の方がキャンプにはあっているような気がします。

 

よくないところ。

ないです。まあちょっと重たいところくらいです。

あとランタンの趣は全て捨てた感のあるデザインですかね。オモムキモクソモネェカラスペックニゼンリョクダシナ感。好きです。

あとルーメナー7だと防塵性、防水性がちょっと不安かな?ってところですね。ルーメナー2ならその点も安心です。

※初代がルーメナー7。その進化系がルーメナー2です。2は200ルーメンアップで防水・防塵・耐衝撃の3つのタフ機能がプラスされています。

まとめ 

他のLEDランタンを過去にする、競合品を一網だーじんなランタン、ルーメナー。

過去最高レベルに買ってよかったと思ったギアです。

ぜひもんなのでご参考ください。

ほなまた。