【DIY】賃貸の家に大量のキャンプ収納!ラブリコとOSB合板でキャンプ収納棚をつくりました。

壁に大量の収納をつくりました。

我が家はワンルーム…。しかし大量のキャンプ用品が溢れています

狭い賃貸なのでキャンプの収納がとにかく足りません…。

そこでラブリコとOSB合板を使って、わが家のキャンプ収納を拡張しました。

圧倒的な収納量を手にする事ができましたので、紹介いたします。

狭い部屋に大量のキャンプ道具で収納に困っている。

我が部屋は7.5のワンルーム賃貸。

とてもですがクローゼットだけではキャンプ道具は収納できません。

社畜キノコ
社畜キノコ

クローゼットは仕事着でいっぱいです

そこでワンルームの壁一面に収納を作る事にしました。

しかしここは賃貸。そう簡単には壁に穴は開けられません。

つるつるすっぴんの壁

そこで考えたのは『フカシ壁』をつくる事です。

既存の壁の前にさらに壁を建てるまで

フカシ壁イメージ

自由に使える壁ということで、壁の前にもう一枚好きなように使える壁を作ることにしました。

壁の前に、合板をつかった壁をもう一枚作る事で、全面自由に使える壁をつくるわけです。

パート1: フカシ壁の下地となる柱をつくるための材料準備。

しかし壁を建てるにしても壁にビス撃ちで固定はできません。

そこで使うのがラブリコです。

ラブリコとディアウォール

ラブリコで床と天井で突っ張って頑強な柱が作り、その前にパネルを取り付けます。

ラブリコはAmazonで買った方が安いのでAmazonでかいましょう。

パート2:ホームセンターで材料購入

今回購入するのはラブリコとそれに伴うツーバイフォー材。そして合板パネルです。

ということでラブリコ以外はホームセンターで部材を購入。

OSB合板
ツーバイフォー材

ホームセンターでは部材のカットまでしてくれるので必要な寸法にメモ書きし、購入アンド裁断依頼をします。

カットは数百円で可能です。

あと忘れずにL字金物もかっておきます。

木材加工
ざっくり書きます

さらにホームセンターでは軽トラを貸してくれるので持って帰ります。

軽トラレンタルは無料!

軽トラレンタル無料

パート3:組み立て準備

パネルはバリが付いているのでやすりがけしておきます。

組み立てする時は木の粉が散らばったりするので養生しておくとよいです。

マスカーで養生

パート4:柱を建てる

さっそく柱を立てていきます。

ラブリコでツーバイフォーをつっぱります

正直柱だけでも可能性はひろがりまくっていますが、ここにさらにパネルを取り付け、新たな壁を誕生させます。

パネルもつけるとこの通り

パート5:パネルを柱に固定する

どんどんパネルをつけていく

さらに柱にパネルをどんどん固定していきます。

どんどん壁をつくっていきます。

本当はフロア材とか貼っても可愛いんですけどね。

ブロック調もいいですが、OSBの渋さが好きなのです。

ワンスパン完成時点ではこんな感じ。

柱にパネルをビスでうっていくだけ

さらにL金物を取り付けて棚を置けるようにします。

この棚も自由に場所を決めれるのは素晴らしいです!

反対側にもさらに伸ばします

壁から壁までフカシ壁を作り、棚をつけ、キャンプグッズを積んでみました。

ヒャア!いかしてるぜ!

反対側からも

まとめ:ラブリコでフカシ壁をつくってキャンプ収納

大量のキャンプ道具のほかにカバンや服も置くことができました。

キャンプ収納に困っておられる方におすすめです。

全体写真

全貌はこんな感じ。

縦方向への収納ができたのが大きいですね。

ぐっと収納力があがったと同時に、見せる収納になったのが大きいですね。

見るたびニヤニヤできます。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました