囲炉裏テーブル:キャンパーズコレクションファイアープレイステーブルを購入。の話。

おばんです。あすキャンです。

持っている囲炉裏テーブルの話です。

囲炉裏テーブル。それはグルキャンに相性ぴったしのテーブルです。焚き火台を中心に起き、それを取り囲むように設置するロの字型のテーブルです。

個人的に持っているのはこちら。

正直囲炉裏テーブルは、車を利用するオートキャンプ大前提の道具だとは思います。ですが、オートキャンプであればそりゃもう輝きます。それが人数の多いグループキャンプならなおさらの事。

特に4人でのグルキャンではこの配置は神。囲炉裏って素晴らしいなって思います。

普段であれば膝の上や脇においたテーブルや常に持つことで処理していた荷物(ちょっとした調味料やらビールやら)をパッと目の前のテーブルに置くことができます。

ファイアープレイステーブル(囲炉裏テーブル)の良いところ。

良いところはシンプルかつスタンダードな見た目。そして合体させなくても、単体でも使用出来るという点

長辺の方は、ほかの焚き火テーブルと違って4本足になっています。これが非常に魅力的。

ちょい掛けにも、ちょいテーブルにも使用する事ができます。

さらに短辺の方は短辺どおしを合体させる事で、1つの小さいテーブルにすることが可能です。むしろこれが買う決め手になった感あります。

そして何よりコスパ。

とにかく価格が他の囲炉裏テーブルに比べて安いです。なのに安っぽさ全くなし。作りががっちがちにしっかりしております。まあその分重いというデメリットはあるのですが…。

その点こちらは単体の安定感が凄まじい。加えてジョイント機能があるのでガッチリしています。単純に4つ並べるだけのものに比べてしっかりしています。

ファイアープレイステーブル(囲炉裏テーブル)のあんまりよくないところ。

悪いところは先程も申し上げました通り。重いこと。まあこれは囲炉裏テーブル全般に言える事ではあるんですがね…。重い。オートキャンプでないと割と結構絶望的です。

我が家はマンションなので毎回下ろして上げてみたいな使い方がけっこう面倒です。車に積みっぱなしにしたいキャンプギア第1位です。

まとめ:オートキャンパーかつコスパキャンパーの方なら間違いなし。ソロキャンパーには無縁。

車を使ってのキャンプが多い方、囲炉裏テーブルだけどしっかりしたものがいい。穴が開いていないタイプがいい、シンプルな見た目がいい。そして安いものがいいという方にはかなり良い選択肢かと思います。重厚感とリーズナブルさのバランスがいいですね。

逆にひたすら軽いのが好きという方にはおすすめしません。

ウルトラライト派のワタシにはあいませんでした。重さは10キロ。持ち手はついていますが、手首だけだとけっこうしんどいです。

しかし囲炉裏テーブル自体は、キャンプサイトにはしっかり基地を固めるのがお好きなタイプの方にオススメだと思います。グループキャンプならぜひ検討してください!下記あたりが比較対象になりました。

ほなまた。