【ネヴィスTC徹底レビュー】冬用ソロキャンプテントにハイランダー ネヴィスTCを買いました。

ソロキャンプ用かつ冬キャンプ用のテントを買いました。

その名はネヴィスTC。

冬用のテントとしてポリコットン幕が欲しかったのです。

2019年の冬キャンプにて、10回近く張りましたので、レビュー致します。

社畜キノコ
社畜キノコ

最初に行っておきますが、正直メチャメチャいいです。

ハイランダーネヴィスTCの紹介。

ハイランダーネヴィスTCのグッドなポイント。

ということでまずは結論として、魅力を5点挙げます。

冬でも安心ポリコットン幕。

雪でもへっちゃら

夏でも冬でも使いやすいポリコットン幕です。

夏は涼しく、冬はあたたかいし、難燃素材なので幕内で火を焚くことができます。

社畜キノコ
社畜キノコ

一酸化中毒にはくれぐれもご注意ください。警報機を買うが吉です。

冬キャンプは夏用に使うようなポリエステルだとかなり辛いですからね。

冬用テントを検討するならがっちり選択肢に入ってくるでしょう。

ティピー(三角形の形)なのにワンポールじゃない!

ポールが真ん中にない!

通常のティピーテントに使われがちなワンポールテントは幕内のど真ん中にポールがズドンと主張してきます。

そのせいで真ん中にテーブルが置けない!ですが…。

その点ネヴィスは真ん中に邪魔なポールがありません!

真ん中にドン!とテーブル

邪魔になるポールがないのでまったくスペースに無駄にならないのです。

社畜キノコ
社畜キノコ

レイアウトの自由度が高い!

四角形じゃなくて八角形。

サーカスTCと比較すると、直径はサーカスのほうが1m近く大きいです。

ですが、有効面積でいうと八角形のネヴィスのほうがいいといえるまであります。

角度が緩やかになるぶん使える面積が広くなるんですね。

なにより人とそんなに被らない!

社畜キノコ
社畜キノコ

(毎回これが購入の決め手になっているような気がする)

ぁまのじゃくなあなたにオススメ!

とにかくキャンプ場でいまのところ見たことがありません。

サーカスはそこそこの広さのキャンプ場なら間違いなくいらっしゃいますからね…。

ハイランダーネヴィスTCのうーんなポイント。

重い。

うーんなところはとにかく重いところです…。

リュックみたいに背負えないこともないですが限界があります。

社畜キノコ
社畜キノコ

長距離運ぶなら台車やカートは必須でしょう。

↑屋久島にネヴィスを持っていく時に使いました。

たぶん売っている台車の中で最小・最コンパクトです。

乾きづらい。

そして乾かすのが大変

まあこのあたりはポリコットン幕の宿命ではありますが…。

個人的にはメンテ用にセームタオルを使っています。

めちゃめちゃ乾きやすくなるのでオススメです。

一人での設営は慣れないと大変。

あとA型ポールが1人だとなれるまで設営が大変です。

2名であれば余裕で立てることが可能で、はじめてでも大丈夫。

社畜キノコ
社畜キノコ

その一方で、ソロで立てようと思うとかなりの重労働です。

広さは2〜3人は余裕でいけます。

2,3名は余裕。

一方で、幕内が狭いときいていましたが、そこは問題なし。

普段は2〜3名で使っていますが、デュオキャンプなら全く広さは問題なし

頑張れば3人で寝食いけますが、それ以上の人数ははちょっと厳しいですね。

まとめ:人と被らないし、痒い所に手が届く仕様がイケてる。

色も渋いハイランダーのロゴも渋いケースも大きめで収納しやすい付属しているペグはうんこなどメリット・デメリットはありますが、総合点は非常に高いです!

現状は、とにかく重いこと以外は不満はありません。

2019年は冬キャンプブームの影響かポリコットンテントが出てましたが、個人的には魅力だらけのネヴィスが1番いいような気がしますね。

ネヴィスTCの設営動画

設営しながらレビューする動画も作りましたので、一度御覧ください。

動画のほうが、広さと外からの見た目がわかりやすいかと思います。

ともかくこれからの冬キャンプライフが楽しめそうでうきうきです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました