コスパ重視!ソロキャンプ初心者におすすめ!(ほぼ)3万円で道具を揃えてみました。

とにかくコスパを重視している私がキャンプ道具を3万円で選定してみました。

ソロキャンデビューしたいキャンプ初心者の方に向けて主観マックスなものの、間違いないものを選んでいます。

ソロキャンプやってみたいけど道具何を選べいいかわからない!

調べてもよくわからないうさんくさいまとめしかでてこない!

ハマるか分からないから出来るだけ安具道具を揃えたい!

という方にぜひ信じて買ってほしいモノを集めています!

社畜キノコ
社畜キノコ

結果から言うと少しだけ足出ました。

いったんはこれだけあればキャンプは大丈夫!

ソロキャンプできる!

という内容になっているので参考にしていただければ幸いです。

ソロキャンプ初心者におすすめ、3万円で道具を揃えてみました。

テント 寝床の確保 キャンプで快適に過ごす空間の確保

キャンプといえばこれ。

雰囲気はもちろん、寝る時快適に過ごすという意味で有益なギアです。

車中泊でいいやという方は飛ばしてください。

オススメテント 

言わずと知れた名テント中の名テント。

ソロキャンパー用テントの代表格で、ヒロシさんも使っておりました。

おすすめのポイントは、価格と質のバランスと前室です。

前室−

前室とは、テントの入り口の前のエリアのこと。

いわばリビングです。

本来リビングはタープで作る事が多いですが、ソロキャンプやテントデビューならタープはまだ必要ないと思います。

前室の例

安いテントはこの前室がしょぼいです。

その点前室が大きければ、タープの役割も果たしてくれます。

前室がしょぼいとこんな感じ

タープの代わりになるような前室がある点コールマンというメーカーとしての質が担保されているという点で、お勧めできます。

もう少し抑えたいという方はこちらでも良いかもです。

というか最悪最初は車中泊という手も大いにアリだとは思います。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計12,500円。

寝袋 快適な眠り。防寒のための道具。

寝床が確保できれば、次は眠る道具です。

これは車中泊であっても必須といえます。

寝袋なんてイラネーと思っても、春や初夏であっても、キャンプ場のある山や海沿いは寒い時があります。

ドンキのペラペラ寝袋だと凍えます

寝袋には使用できる季節があります。

今回ソロキャンプデビューにあたっては、取り急ぎは3シーズン用のものを買っておけば、大丈夫です。

よく冬用も兼ねられるような寝袋を〜みたいな話もありますが、冬も兼ねるというのはなかなか辛いです。

というか暑かったり寒かったりで使いづらいです。

冬は大人しく冬用を買いましょう。

そして最初は春〜秋にキャンプに行くことをオススメします。

社畜キノコ
社畜キノコ

くれぐれもドンキのペラペラ寝袋にしませんように。

オススメ寝袋

寝袋の選択肢は羽毛タイプ(ダウン)か化繊かの2種類に分けられます。

ダウンのほうがコンパクトですが、コンパクト性が上がるとそれだけ価格も上がります…。

今回はコストも考慮し、必要最低限の寝袋として、アルパインバロウバッグというものをおすすめします。

【モンベル】アルパイン バロウバッグ #5
コストパフォーマンスに優れたモデル。保温性と速乾性に優れ、メンテナンスも容易です。夏の縦走や秋冬のキャンプなどにも適したモデルです。

少しかさばるものの、コストは抑えた商品。

残念ながらダウンではなく毛織なので少し収納サイズが大きいですが、スペックは間違いなし。

寝袋だけはわけのわからないメーカーでなくちゃんとしたやつを買う事をおすすめします。

ヘタリの速さが違います。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計25,700円。

マット:寝床の快適性を上げるための道具

オレンジのものがマットです。

テント、寝袋、マットはテントで宿泊するための、キャンプ3種の神器です。

車中泊で無い限り、これがなければ何もできません。

この3つの中で、マットは甘くみられがちです。

しかし、寝袋だけでは安眠、快眠はできず、せっかくの初めてのキャンプが嫌な思い出になります!

マットを使う事で、底冷の対策、床のガタガタを軽減しましょう。

オススメマット:キャプテンスタッグ EVA フォーム マット

名器と名高いマットです。

表面のボコボコが地面のガタつきを軽減してくれます。

なんと言っても魅力は安い事!

それでいてビギナーからベテランまで、皆使っているマットです。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計27,800円。でもマットはぶっちゃけ銀マットでもOKです。

椅子 キャンプ場で快適に過ごすための道具。

富士山と椅子

次は椅子です。

必要?と思われるかもしれませんが、地べたで過ごすのはかなり辛いです。

冷たいし硬いし。

ゆったりキャンプ場で本を読むにしても、景色を見るにしても、身を預けられる椅子があるとぐっと快適さが上がります。

オススメチェア

これはもう正直一択です。

チェアワンタイプのものを買いましょう。

チェアワンはこのような形の椅子です。

さまざまな形がありますが、チェアワンタイプは群を抜いてコンパクトになります。

快適性も悪くない。

チェアワンの本物は高いので、いつか買うことを夢見てまずは類似品でいいと思います。

当然安かろう悪かろうではありますが、とりあえず私は五年以上つかっていますが壊れていません。

いつかは本物を買いましょう。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計30,500円。オーバーしたので、ここからは本気の節約です。でも正直予算に余裕があれば、別のいいものを買いたいところ。

焚き火台 雰囲気を得るための道具。調理道具。

焚き火台も相当色んな種類があります

キャンプといえば焚き火。

しかし、ほとんどキャンプ場では地面の真上に火を焚くことは禁止になっています。

そこで必要になるのが焚き火台

その名の通り、焚き火をするための台です。

オススメ?焚き火台

100均焚き火台をつくってみました。

ですが、もう予算がありません。

そこで100均を活用します。

100均ザルと100均プランタースタンドを用意し合体させればこの通り。

ザルは極力目の細かいものを選びましょう。

灰が飛んじゃいますので。

あと下には灰受けとして、ブルーシート等をひきましょう。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計30720円。

テーブル 料理を作る時に使用する道具。

ローテーブル

これはあってもなくてもとは思いますが、2000円ちょいで超定番品が買えるので買ってもいいと思います。

私もキャンプデビューの際、1番最初に買いました。

オススメテーブル

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルです。

買ったことのないソロキャンパーはいないと断言しても良いほどの定番品です。

初心者からベテランの方まで愛用されるかたも多いです。

社畜キノコ
社畜キノコ

これで合計33120円 ここからはあってもなくてもなギアです!

ランタン 夜の快適さ向上に使う道具。

ここからは予算オーバー。

予算がなければスマホのLEDライトとペットボトルの水があれば、美しいランタンの完成です。

こんなふうになります。

綺麗…

オススメランタンはLED

もし購入するならランタンは圧倒的にLEDをオススメします。

ガスとかガソリンとかオイルは趣味の領域です。

なので、もう少しキャンプに慣れてからでいいと思います。

社畜キノコ
社畜キノコ

ぶっちゃけランタン持っていてもスマホライトしょっちゅう使います。

LEDライトはガスを使うようになっても使うので、無駄にもなりません。

食器 

キャンプ用の食器といえばシエラカップです。

こんな風に取っ手のついているコップ兼お皿兼鍋兼食器のスーパーアイテム。

そしてシェラカップは100均にも売っています。

100均シエラカップ

ペラペラですが、雰囲気は抜群です。

社畜キノコ
社畜キノコ

シエラカップはいくら持っていても困りません。

シングルバーナー

野外で安定した火力を得るための道具です。

予算にまだ余裕があれば、、なければ無理に買うことはありません。

自作焚き火台の上に金網を置き、バーベキューを楽しみましょう。

ぶっちゃけ最初の用途は湯を沸かすくらいです。

焚き火でできないことはないです

まとめ:合計3万円あれば十分すぎるほどのソロキャンプ道具が揃う!

なんとこれでソロキャンプ用の道具がすべてそろいました!

もう少し背伸びすれば選択肢は広がりますが、これだけでも十分過ぎるくらいには楽しめます。

社畜キノコ
社畜キノコ

それぞれちょっと贅沢しても5万には収まります!

車中泊だったらテントもいらないから他の装備を充実させる事もできますね。

テント、寝袋、マット、椅子、テーブル、焚き火台があればキャンプは楽しめるはずです。

あとは、欲しいモノを増やしていくのがいいと思います。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました