コスパに厳しい社畜キャンパーが選ぶ!買ってよかったキャンプギア。

おばんです。キャンプオタクのあすキャンです。

社畜しながら稼いだお金を月に3~5万はキャンプ界隈に突っ込んでいます。

ですが、キャンプ用品は買っても使わないというものもあるのも事実。その一方であったほうが絶対いいというものもあります。

 

そこで今回は、『テントと寝袋とマットとシエラカップは買ったけど、あと何があれば便利なの?』という方の為に、次点の必須道具の参考になればなと思って書いてみました。

基本的には私はケチなのでコスパを重視して選んでます。そして毎回のキャンプでスタメンとなっているものだけを紹介しています。

社畜キャンパーが選ぶ!これは買っておけなキャンプギア。

ガスバーナー:ソト フィールドチャッカー ST-Y450

西岡式着火法?新聞紙?着火剤?いらない全部すててしまおう。ガスバーナー使えば『炭に火がつかないなあ(うちわパタパタ)』とは無縁の世界になります。

炭に向かってブオー!と火をぶっ放すだけ。

もちろんメタルマッチ等でかっこよく火を点けるのも乙ですが、面倒な時はこれ一発。これがあれば火がつかないよパパーってことはありません。あえてSOTO社のガスバーナーとしていますが、別にガスバーナーならどこでもいいと思います。

 

クッカー:メスティン

クッカーとして最高最善の選択肢(主観)。

安いし、お米も炊きやすいし、食器にもなるし、袋ラーメンも作りやすいし、収納もしやすいし、一つあったら安心の食器兼クッカー。

安いゆえにバリがあるため、バリ取り(金物を切ったときに発生するギザギザ)が面倒ですが、最近はトランギア社以外からも出ているバリ無しのものもあるみたいですので、そちらにするのが良いかと思います。

椅子:チェアワンの椅子

キャンプ用の椅子を買うならチェアワン一択(もしくはチェアワンのパチもん)です。

とにかく軽量コンパクト。ですが座り心地はヨシ!

本当を言うと純正品であるヘリノックス社のものを買うのが一番良いですが…パチモンでもまあ大丈夫だと思います(パチモン愛用者並の感想)

LEDランタン:ルーメナーⅡ

キャンプ用ランタンで最強コンパクトかつ最強のフラッシュ

しかし高い、正直高い。

けれどもこのルーメナーがあるだけでサイトの照明問題は解決します。それだけの圧倒的光力。

LED充電式で、色温度は三段階、光の強さは4段階。そして圧倒的なコンパクト性、小ささ。

最初にしょぼいのを買って、あとから色々ランタンを足すくらいなら最初からルーメナーを買う事をお勧めします。

焚き火台:ファイアスタンド2

とにかく軽くてコンパクトになる焚き火台。

さらに風通しが抜群なので着火力も燃やしきる力も抜群です。とりあえずもっていくかァとなるサイズ感で、わたしも毎回とりあえずザックに突き刺しています。

ユニフレーム社の名器中の名器。おすすめです。売り切れ(廃盤)になりがちかつ、まったく値下げはされませんので、買い時は特にありません。買いたい時が買うときです。

シングルバーナー:SOTO レギュレーターストーブ

料理をするための持ち歩き用のガスコンロ。

焚き火で料理するなら必要ないかもしれませんが、朝にコーヒーやコーンスープを飲むなら必須でしょう。おすすめはSOTOのレギュレーターストーブ。火力と耐久性が抜群です。

大雨の中で使用しても、しっかり乾かせば復活しました(体験談)。そしてなにより高い火力が魅力。風が強くても高火力で立ち消えないし、高温料理が可能です。

釣りをされる方なら防波堤の強い風でも安心です。

※ガスカートリッジ派とガス缶(CB)派がいらっしゃると思いますが、初心者なら圧倒的にCB缶です。調達しやすさが段違いです。100均でもスーパーでもコンビニでも買える!

予算が…という場合は岩谷のソロストーブがおすすめです。ちょっと火力が心もとないですけどね。周りの気温が低いと火がつきません。


以上、とりあえずテントと寝袋とマットは買ったよという方向けのキャンプ道具をご紹介してみました。さらにQOC(クオリティオブキャンプ)を挙げたい方はぜひぜひ参考にしてください。

キャンプ用品は集めだすと歯止めがかからないですが、実用的でもあります。以下でキャンプの魅力を語っていますので、よかったらぜひ。

だから買うしかない、灰になるまで…!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました